撃墜王 坂井三郎がどうしても撃墜できなかった輸送機

本の撃墜王」と称される、旧日本海軍中尉・坂井三郎。

彼は第二次世界大戦時、
日本のエースパイロットとして様々な戦場に赴き、作戦に従って多くの敵機を撃墜。

連合軍にもその名を知られるパイロットでした。

しかし、そんな彼も軍の命令に従わず、敵機を見逃した経験があります。

1942年、ジャワ島にある敵基地を侵攻する途中で、彼は敵の偵察機を発見。

単独行動をとって、それを撃墜します。

そして、さらに日本軍から逃れようとする大型輸送機を発見し、これを追跡しました。

当時、この地域を飛行する敵機であれば、相手が兵士であろうが、
民間人であろうが、武器を積んでいようがなかろうが、
すべて撃墜せよとの命令が出ていました。

しかし、彼は敵機の中に重要人物が乗っているかもしれないと考え、
日本軍の基地に誘導してやろうと、輸送機の横に機体を並べます。

そのとき、彼の目に思いもよらない光景が映ります。

それは>>>